MENU

貧血対策に鉄分を多く含む食品が知りたい!

最近貧血気味だなぁ…もしかして貧血?
など、『貧血』を感じている人は多いです。

 

特に女性は貧血になりやすく、予備軍の人を含めると、
なんと成人女性の5人に1人が貧血なのだそうです。

 

このような貧血の改善には、『食生活の改善』が欠かせません。

 

今回は、貧血の人が積極的に摂りたい
『鉄分を多く含む食品』をご紹介します。

 

鉄分には、動物性の『ヘム鉄』と
植物性の『非ヘム鉄』の2種類があります。

 

実は鉄分は体内吸収率がとても低く、わずか10%ほどしかありません。
貧血の改善のためには、鉄分を多く含む食品を大量に食べなければなりません。

 

鉄分には2種類あると先ほどお話ししましたが、
この2つのうち吸収率が高いのは『ヘム鉄』です。

 

肉や魚に含まれる鉄分ですね。

 

このことから、『レバー』や『カツオ』『マグロ』などの
赤身の魚がおすすめです。

 

貧血にはレバーが良いという話はみなさんご存じかと思いますが、
レバーは苦手だという人も多いです。

 

無理にレバーにこだわることはありません。

 

吸収率の低い非ヘム鉄でも、他の栄養素との組み合わせで
『吸収率が良くなる』ものもあるのです。

 

それはビタミンです。ホウレンソウやプルーンは鉄分含有量も多い上、
組み合わせで吸収率が良い食品なのです。

 

また、貧血の改善には鉄分だけでなく
造血効果のある『ビタミンB12』『ビタミンB6』『葉酸』を含むものも
積極的に摂りましょう。

 

以上のことを踏まえると、貧血の改善には

 

  • レバー
  • カツオ
  • 赤貝
  • シジミ
  • プルーン
  • 納豆

 

などがおすすめです。

 

好きなもの、苦手なものがあるとは思いますが、
毎日の食事に少しずつでも取り入れていきましょう。

 

また鉄分サプリメントと併用して飲んでいくことで
効果を高めることができるでしょう。

 

次のページでは、貧血対策におすすめのサプリメントをご紹介します。