MENU

貧血で病院に行くなら何科?

めまいや立ちくらみがする、すぐに息切れや動悸がする、
頭がくらくらする、などの症状があったら、
まずは『貧血』を疑ってみてください。

 

貧血は女性に多い病気ですが、
男性なら貧血にならないというわけではありません。

 

女性は生理によって毎月定期的な出血があるため、
どうしても貧血になりやすいのです。

 

さて、上記のような自覚症状があり、
もしかして貧血かも?と貧血を疑うようになったとき、
あなたならどうしますか?

 

恐らく病院へ行くという人が多いのではないかと思います。
さて、貧血かもしれないと思ったら、何科へかかれば良いのでしょうか。

 

貧血は血液が関わる病気です。

 

そのため、専門は『血液内科』になります。
しかし、初めから血液内科のドアを叩くという人はあまりいませんね。

 

血液内科は大学病院などの大きな病院にしかありませんし、
白血病などの抗ガン治療を扱う診療科になります。

 

貧血を疑ったら、まずは普通の内科で良いと思います。
症状を話せば、おそらく血液検査をされるでしょう。

 

血液検査で貧血かどうかはすぐに分かります。
今、最も多い貧血は『鉄欠乏性貧血』です。

 

これに該当する場合、その原因を探ることになります。

 

もしも胃潰瘍などの慢性的な出血が原因なら消化器内科、
生理異常(月経過多)なら婦人科など、『原因に適した診療科』を紹介されるはずです。

 

症状から貧血だと思っても、
素人にはそれがどんな原因で起こっているのかまでは分かりません。

 

まずは内科へ行き、本当に貧血なのかどうかを調べてもらいましょう。
もしかしたら、別の病気が隠れているという可能性もあるのです。

 

内科でなくても、
最近は『貧血外来』というのを行っているところもあります。

 

近くに貧血外来があるなら、そちらへ行っても良いでしょう。

 

次のページでは、貧血対策におすすめのアイテムをご紹介します。