MENU

貧血の種類!あなたの貧血の原因とは?

貧血は女性に多い病気として知られています。

 

実に多くの人が患っているため、
そこまで重要視されることはありませんでした。

 

女性ならほとんどの人がなるもの、
という認識があるからかもしれません。

 

このように、あまり重要視されていない貧血、
女性に多いと言われている貧血の大半は『鉄欠乏性貧血』という

 

血液中の赤血球、ヘモグロビンの不足によって
『体が酸素不足に陥っている状態』のことを言います。

 

貧血の実に70%以上が、この『鉄欠乏性貧血』だと言われています。
実は貧血には、他にもいろいろなものがあります。

 

今回は、そんな貧血の『種類』について
説明していきます。

 

『再生不良性貧血』

 

国が定めた難病に指定されている病気です。
造血を行う骨髄にトラブルが発生し、血液が作られなくなってしまいます。

 

『鉄芽球性貧血』

 

ヘモグロビンが生成出来なくなってしまうことが
原因で起こる貧血です。

 

この貧血の場合、ヘモグロビン自体が少ないため、
いくら鉄分を摂っても無意味となります。

 

『溶血性貧血』

 

なんらかの原因によって、
赤血球そのものが破壊されてしまいます。

 

『巨赤芽球性貧血』

 

ビタミンB12や葉酸の欠乏により、
DNAの合成に障害が発生します。

 

そのため正常な形の赤血球が作られなくなり、
血管の中をうまく通れないために起こる貧血です。

 

『腎性貧血』

 

腎臓病の合併症の1つで、
慢性腎不全の患者に起こる貧血です。

 

造血指令を出すエリスロポイレチンの生成が低下するために起こります。

 

『サラセミア』

 

地中海付近で流行したことから、
地中海病とも呼ばれています。今ではほとんど見られません。

 

このように、一言で『貧血』といっても、実はいろいろな種類があるのです。

 

次のページでは、貧血対策におすすめのアイテムをご紹介します。